2014.03.27 海を渡った猫
photo.jpg



あずちゃんは、昨年1月に知人が保護、我が家にて家猫修行をし、2月に譲渡。

そのお宅から9月に脱走。

外に出たはいいけれど、途方に暮れるあずちゃんを保護して、ニャンシーとして慈しんで下さったご夫婦と一緒に、アメリカに移住しました。


すごいですねぇ。

青森に移り住んだ子は居ますが、ついに海を渡り国境を越える猫がでるとは。


広大な敷地で、外にも出られる環境で飼育してくれるとのこと。

猫としては最高の幸せでないでしょうか?

羨ましいです。



スポンサーサイト
2014.01.26 Nyancy
「誰?」
x-P1490752.jpg
「おばさん?」
x-P1490754.jpg

あずちゃん、私のことは覚えてないね。

x-P1490758.jpg

今が幸せそうだから、いいんだよ。

x-IMG_1583[1]




あずき → あず → あずりん → 現在はニャンシーさん




里親になった方々には、1年に一度のご挨拶と"猫をちゃんとかわいがっているだろうな"というプレッシャーをかけるために年賀状を送っていますが、年賀状の返信で、昨年2月に譲渡したお宅からあずちゃんが脱走したまま現在も行方不明だったということがわかりました。。

すぐに言ってくれたら、見つけられるのに!
なんで連絡しないの!!
ばかじゃないの!!!


というフツフツと煮えたぎる怒りは胸に秘め、とにかく自分で探すことにしました。


プリペイド携帯を準備してポスター作っていたころ、あずちゃんが保護されていることが解りました。

x-Azu.jpg




そして、今日、約1年ぶりにあずちゃんに会ってきたんです。

相変わらず小柄で、人懐こくて愛らしい子です。

そのまま、保護してくださった方のお家の子になります。



夕飯までご馳走になり、楽しい時間を過ごしました。


波乱の人生(猫生)を歩む子ですね。

とにかく、無事で生きていてくれてよかった。


2013.02.26 すごいぞー
DCIM0190.jpg


キャットウォーク作ったンだって!



すっごいキレイなお家なんだけど、惜しげなく、よくやるなぁ。



10月に譲りうけた子猫がFIPを発症し、1月に亡くなられたそうです。
子猫のために色々やりたかったことを、今あずちゃんのために実現してくれています。


あずちゃん、うらやましい

2013.02.24 あずりん
あずちゃん、本日正式譲渡となりました。
名前はあずりんです。

x-DCIM0172.jpg

元旦の夜、我が家に来て以来、物静かでどこか儚げな感じが心配でした。

x-P1370009.jpg

静かに遠くを見つめる・・

x-P1370014.jpg


それが、怪我と虫のせいだったとは・・

手術をし、虫をくだして、すっかり、愛らしく元気になりました。

x-P1370034.jpg

『とんしゃんさん』
x-P1370109.jpg
『あたし、幸せになるから
x-P1370110.jpg


美しい子でした~


何回病院へ通ったかなぁ。
行く度に痛い思いをして、かわいそうに。
健康に、長生きしてほしいです。

『マルコちゃん
x-P1360838.jpg
「なんだよ、くっつくなよ」
x-P1360840.jpg
『マルコちゃんかっこいいから』
x-P1360842.jpg
『好き~
x-P1360844.jpg


完全なる猫嫌いではなかったあずちゃん。

大きなお宅なので、2匹目を飼いたくなったら、あずちゃんとの相性をよく見てあげてとお願いしてあります。


ねえさんのことはすぐに好きになってくれたんだけど、新しいお家ではまだ少し遠慮があるようです。

x-DCIM0162.jpg