2016.06.17 同じ気持ち
ただいま~って帰ると、アンジェリーナ城にいることの多いアンジー

s-P1790280.jpg

珍しく、別宅に逃げることなくここでお食事

s-P1790283.jpg




お腹が満たされて、毛づくろいして、少し休んでから、「ブラシしてー」って出てきてくれるといいんだけど、別宅に走っていっちゃった




朝ごはん





s-IMG_20160617_080427.jpg





食べる量は少ないけれど、食欲はあるのよ





2013年7月
s-P14205741307.jpg

2015年9月
s-P16707891509.jpg




日向ぼっこと、ブラッシングと、ちょっとの食事があるだけでアンジーは満足なので、点滴や通院はもういっかなぁって思ってます。

何度経験しても答えはでないのだけど、せっかく家にいるのに、閉じ込めたり、おどおどして暮らさせるのは嫌だ。


どこか痛くて仕方なかったら、痛みは取り除いてほしい。
気持ち悪くて吐き気がひどければ、緩和してほしい。
苦しくて辛くても、よれよれになっても、病院に閉じ込めないでほしい。
もうしそうなったら、甘んじて寿命を受け入れます。
窓をあけて、空を見て、木々をみて、風を感じて、窓辺で寝ていたい。


私の気持ち。
アンジーの気持ち。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://catfancier.blog36.fc2.com/tb.php/4612-0fb01c8b