昨晩のこと



夕飯でみなわらわらと集まってきていたときに・・・



えーーー



s-P1800886.jpg




目を疑いました




「夕飯遅いじゃないですか?」
s-P1800891.jpg



アンジーさんが、なんと、夕飯を食べにでてきました



s-P1800889.jpg





昨晩人間だけ病院へ行き、アンジーは点滴と強制給餌だけで2週間強、ひからびたもやしみたいになっていると説明して、何かするとしたら何ですか?と聞いてきたのだけど、先生は、今のままでのんびりさせるのがいいんじゃないかとのこと。

そうだよね・・・って自分も納得して帰ってきたその日にこんなだから、また揺ら揺らしてきた






s-P1800898.jpg

一生懸命に、時間をかけて吸ってはいるんだけど、みな反対側から出て来ちゃう。
ぐじゅぐじゅしている分は唾液とまざって口から出てきた分。

s-P1800899.jpg



要は、自力に任せておくと、ほとんど胃の中に入らないということ。


ゆっくりした自分のペースで食べて、衰弱していくのは自然なことで仕方ない。
治らない病ならば無理させることはしないけれど、アンジーは悪いところがあるのかわからないので、生きたいのならば生きるためのその手助けはしたい。
でも強制給餌をしても足りてはいないので(必要量は飲み込まない)、それならばいっそむりむりやるのは止めようか・・・。

と、そこでまた思考が止まってしまった。

またその時考える。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://catfancier.blog36.fc2.com/tb.php/4672-109bbd80