立派なお花いただきました。
ありがとう。

「マーちゃんに?」
s-P2000667.jpg



違います。。。
食い散らかすなよ、バカマルコ。



外に居てもびくびくおどおど、ジョニーが悪いわけじゃないのに、気持ち悪いとか言われて、なんとなく日陰もんだったからこそ、かっこいい名前をと思いジョニーという名になりました。

でもうちにきても、なぜか他の家の猫たちとなじめずはじきもんなまま、ずっと心が痛んでました。

外に戻した方がよっぽど自由気ままで幸せかも・と何度思ったことか。。

なんとか他以上に目をかけて可愛がってあげたいと思うものの、時間と他の猫が許さず、ジョニーには可哀相なことをしてしまったと思うと涙がでるのだけど、死んでから泣くくらいなら生きているうちになんとかすればいいじゃないね。

ジョニーが一番幸せだったのは、隔離された保護部屋で私と一対一、首の状態も日に日によくなって、毎日おいしいごはんをお腹いっぱい食べられたあのときだったんじゃないかな。




もうひとつ私がやるせなく重い気持ちなのは、うちが今とても平和なこと。



-やりすぎた延命治療で酷く後悔して
-もうちょっと治療を受けていたら状況が変わっていたのかもとため息が出て
-痛くて苦しいのならば安楽死させてあげればよかったとずっと心残りで


こんなのはどれも普通で喪失感はどの子も同じだけれども、ジョニーの死に対してはそれ以上にやるせない気持ちが強く、ジョニーに申し訳なかったと思ってしまうところがもっと申し訳ない。。


おどおどびくびくしているところが男らしくないと叱ったこともあったし、爪切りや通院のたびにうんこ垂らすのだって、どんだけ気が小さいのよと何度となく言ったけれど、私はジョニーのことが可愛くてそれでよかったんだけど、猫の世界ではジョニーの存在がなくなりせいせいしているのかなとか考えると、また涙が出てくるヨ。



平和が憎たらしい。



うちでないお家を探してあげれば、もっと楽しい家猫生活を送れただろうにね。

なので、これまでとは違うやるせなさを猛烈に感じているところです。



でも、お花すごくきれいで、ジョニー、よかったね。

P1890901.jpg

人もそう。
1人だと思っていても一人じゃないからね。
そっちの世界にも仲間は沢山いるから、堂々として、大騒ぎして待ってなさい。

s-P2000678.jpg



また会おうね。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://catfancier.blog36.fc2.com/tb.php/5095-791c2fea