我が家からの眺望を最後にひと眺め

x-DSCN7570.jpg

とはいかなかった

「疲れちゃった」
x-DSCN7579.jpg



力振り絞ってハウスにいったのにさ、(2回落下)



x-DSCN7602.jpg



あら、、、



x-DSCN7608.jpg



移動


x-DSCN7613.jpg



あー、しなちゃんか・・・orz



x-DSCN7614.jpg



テテン、辛いです。



x-DSCN7596.jpg



私にできることはなく名前を呼んでがりがりの身体を撫でてあげるだけ。



x-IMG_2547.jpg


5キロを切ったとんちゃんだけど、元気に見える


x-IMG_2545.jpg


抱っこするし、一緒に寝てあげるって言ってんのに、まだ遠慮する。


「独りで大丈夫」
x-DSCN7621.jpg


うん。

でも一応、ねえさんも家にいられるから何かあったら言ってね。


「うん」
x-DSCN7626.jpg




とんちゃんも黄疸がひかず身体も黄色くなってきた。

なにもテテンと一緒に悪化しなくったっていいのになー。

仲良しなんだから。




x-IMG_2552.jpg





あと10年は軽く生きて、テテンと一緒に私も老いていくものだと思っていました。

母・保護者ではなく私と同等、妹と思っていたこの子が10歳さえ迎えられないのは晴天の霹靂。

こんな風に私をおいていくなんて、テテンはひどいよ。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://catfancier.blog36.fc2.com/tb.php/5528-5f306f78